ニチイの介護付有料老人ホーム

お電話での
資料請求・内覧予約

0120-555-800

午前9時~午後6時(年中無休)

老人ホーム一覧から探す

お知らせニチイホームのドッグセラピーをご紹介します

2019年04月16日

小さないのちのぬくもりが、日々の暮らしをより豊かに

ニチイホーム ドッグセラピーのイメージ
※画像はイメージ

介護付有料老人ホーム ニチイホームでは、ドッグセラピーの導入を進めています。この取り組みは、お客様の暮らしの質を高め「生きる喜び」と「潤い」を実感していただくため、ニチイグループ全体で推進しているものです。セラピー犬との温かなふれあいにより、入居されているお客様のこころを解きほぐし、日々の暮らしに笑顔と豊かさをもたらしてくれるものとしてサービス対象施設を順次拡大してまいります。



●ニチイホームのドッグセラピーについて

ニチイホームのドッグセラピーは、動物とのコミュニケーションを通じてお客様のこころに安らぎをもたらし、生活の質(QOL)の向上をはかることを目的としています(動物介在活動、AAA)。ドッグセラピーを実施するホームにはセラピー犬が1頭、スタッフの一員として配属され、毎日のアクティビティ(レクリエーション)などの機会を利用して楽しいふれあいの時間を提供しています。犬が苦手なお客様・アレルギー等のあるお客様には十分な配慮をし、安全・衛生管理を徹底した上でセラピーを実施いたします。

ニチイホーム セラピー犬の名刺

※セラピー犬 レイヤ(ニチイホーム八幡山 所属)の名刺


○ドッグセラピー 活動例

 ・朝の体操・午後のアクティビティ(レクリエーション)の時間を利用したふれあい

 ・ホーム内の散歩スペースなどを使った交流

 ・お客様・ご家族様と一緒のお散歩 
                                    ...など


※ドッグセラピーは、弊社の通常のサービスの一部として実施いたしております。本サービスのご利用に関する別途料金の発生や、追加でご負担いただく費用はございません。



●導入犬種(オーストラリアン・ラブラドゥードル)について


ニチイホームのセラピー犬 レイヤとモカ

ニチイホームのセラピー犬。レイヤ(左)とモカ(右)

ニチイホームのドッグセラピーでは、セラピー犬としてオーストラリアン・ラブラドゥードルを起用しました。動物アレルギーを持つ人の介助犬として、オーストラリアで誕生した犬種です。穏やかで賢い性質を持つだけでなく、動物アレルギーを起こしにくい特長があり、2009年にはオバマ元米大統領がアレルギーを持つ長女のため、ファーストドッグの候補に選定したことで話題になりました。オーストラリアン・ラブラドゥードルのブリーディングは、国内ではニチイグループの(株)ニチイグリーンファームでのみ行われており、同社が実施する6ヵ月間の飼育トレーニングを受け、一定の認定基準を満たした犬だけをセラピー犬に採用しています。

※ニチイホームでは、『動物の愛護及び管理に関する法律』『狂犬病予防法』を遵守し、ドッグセラピーの適切な運営を行っています。また、ドッグセラピーを実施するホームには動物取扱責任者(有資格者)を配置し、専用のドッグルームを設けて、セラピー犬の生活環境と健康の管理に配慮しています。



●ドッグセラピー実施の流れ

※ドッグセラピーの実施にあたっては、お客樣が犬とのふれあいを好まれること、犬アレルギーがないことを事前に確認させていただいております。


ニチイホーム ドッグセラピーの流れ



●ドッグセラピーを行っているホーム

2019年4月現在、ドッグセラピーを導入しているホームは下記の通りです。

介護付有料老人ホーム ニチイホームでは、ドッグセラピー実施ホームを順次拡大してまいります。

 ○ニチイホーム 八幡山(東京都世田谷区八幡山 1-19-18)

 ○ニチイホーム 鷺ノ宮(東京都中野区白鷺 1-1-18)

※動物取扱業に関する表示につきましては、こちらをご覧ください。

ページの上部に戻る

ページの上部に戻る