ニチイの介護付有料老人ホーム

お電話での
資料請求・内覧予約

0120-555-800

午前9時~午後6時(年中無休)

老人ホーム一覧から探す

大災害に備える安全への取り組み

災害時にあってもお客様が安心して生活が続けられるよう、その時の役割、そのための準備を想定した様々な取り組みを行っています。

『LPP 災害時における生命・生活の保護計画』

「大災害に備えなさい」東日本大震災が私たちに遺した最大の教訓です。 万が一の事態が起きた時、ニチイホームのお客様、そして近隣の皆様の生命と生活の保護に努めることが、私たちニチイケアパレスの「社会的使命」とわきまえ、当社独自の『災害時における生命・生活の保護計画』を策定し、これを災害対策への第一歩として、減災体制づくりを行っています。

「災害時における生命・生活の保護計画」は、全ホームが災害に備える「自助」、地域で近接のホームが連携する「互助」、協力会社や区・市との「協助」、による総合的な防災対応として策定されています。

ニチイホーム内の自助体制

全ホームでは、平常時から、災害時に備えた装備と用意をしています。

  • ※土地・建物の条件により、一部装備に対応していないホームもございます。

電力

太陽光発電機と移動式蓄電池を装備し、医療器具等の電源を確保。

電気自動車

通院等に備え、電気自動車を配置。

手押しくみ上げ井戸、浄水器を装備し、断水時の飲料水、生活用水を確保。

食糧

3日分の非常食に加え、7日分以上の保存食材を厨房で保管することで、10日間の食事提供に対応。

調理機器

ガスや電気がなくても炊事が出来るように、釜戸、お釜、鍋、炭、カセットコンロを装備。

建物対策

窓ガラスが割れても飛散しないように対策を行う。

生活用品

オムツや清潔用品を14日分用意。

スタッフの保護

帰宅困難となったスタッフ宿泊用に寝具を保管。

防災訓練

3月・9月を防災月として、炊事調理の実践訓練等の演習を行う。

ニチイホーム間での互助体制

地域ごとにニチイホームが協力して、物資や社員の不足を相互に補う体制を整えています。

通信 衛星電話を基幹ホームと災害対策本部(本社)に設置。
医療器具 予備の医療器具(バッテリー式たん吸引器、体温計、血圧計、脈拍計等)を破損に備えて用意。
スタッフの相互支援 介護スタッフの配置をエリア内で相互に調節して、シフトの確保。

ニチイグループ・協力会社等との協助体制

ニチイグループの支援に加え、協力会社等や区・市との協定の締結により、応急処置や速やかな復旧への協力ができるよう進めています。

ニチイグループの支援 近隣のニチイ学館拠点からスタッフの支援と、10日目以降の食糧の調達。
災害対応協定書の締結 業務協力会社(厨房事業者、設備管理事業者、建設会社、医療機関、薬局、クリーニング事業者)と物品の提供や人的支援において、相互に協力できるように「災害対応協定書」を締結。
防災協定の締結 災害時の相互支援協定の締結を市・区との間で順次進め、要請に応じて災害弱者への避難所の提供等を実施
詳しい資料をお届けします
資料請求・内覧予約・お問い合わせ
0120-555-800
午前9時~午後6時(年中無休)
CHECK!
資料請求をすると

ご家族とのご検討に便利なパンフレット3点セットを無料でお届けします。

  • サービス総合ガイド
  • ご希望施設の詳細
  • お客様インタビュー冊子
内覧に行くとできること
  • スタッフの対応やご入居者様への接し方をチェック
  • 暮らしの雰囲気を感じる(アクティビティの時間がおすすめ)
  • お部屋や設備を直接見て触って生活をイメージ

老人ホームを探す

ページの上部に戻る

ページの上部に戻る