ニチイホーム柿⽣

昔ながらの⾃然の情景に⼼やすらぐ街、
川崎市⿇⽣区エリア。
ニチイホーム柿⽣では、
いま認知症予防に⼒を⼊れています。
脳を元気にする学習療法と、
理学療法⼠(PT)によるリハビリで、
⼼⾝ともに若々しい、
活動的な暮らしを応援します。
遊歩道のある中庭や菜園などでの、
土と緑に親しむ活動にも取り組んでいます。
四季の潤いを感じさせる環境で、
いきいきとした毎⽇をお過ごしいただけます。

ホーム特長

  • 脳を元気に!学習療法
  • リハビリで
    いきいきとした毎⽇を
  • 四季と⾵を感じる、
    屋外での活動

ニチイホーム柿⽣の
みどころ

脳を元気に!学習療法

ニチイホーム柿⽣で、いま⼀番⼒を⼊れているのは認知症の予防。その中でも最も特⾊ある取り組みが「学習療法」です。
脳への適度な刺激を持続的に受けることは、認知症の発症と進⾏のテンポをゆるやかにするとされています。この考え⽅をベースに、学習療法では楽しみながら脳を元気にする様々なメソッドを取り⼊れています。
学習療法の取り組みのひとつに「介護予防教室」があります。⾝体を動かしながら脳を使うことで認知症予防の効果はより⾼まる、との⾒⽅に⽴ち、介護予防運動指導員の資格を持つスタッフが中⼼となって⾏っています。午後ののんびりした時間帯を利⽤して

  • ・2つの異なる運動を同時に⾏う
  • ・あらかじめ決められた動作を、スタッフのランダムな掛け声に合わせて⾏う

など、からだと脳に汗をかく運動を提供しています。

ほかにも、学習療法には多彩なメニューが⽤意されています。

  • ・回想法…テーマをひとつ決めて参加者に思い出を語っていただく
  • ・若返りリトミック…⾳楽と歌に合わせて体を動かす
  • ・ご当地当てクイズ…⽇本地図を⾒ながら県の名前や名物などを仰っていただく

お客様はご⾃⾝の好みやお⾝体の状態に合わせて、無理なく参加しておいでです。ベッドで過ごすことが多く、お⾔葉も少なかったお客樣が、ご当地当てクイズではいきいきとした表情に⼿振りを交えて⼀⽣懸命に答えてくださったこともありました。
学習療法を通じて、お客様も認知症予防を楽しんでくださっているようです。

学習療法に限らず、普段のアクティビティにも認知症予防を意識した要素を積極的に取り⼊れる(遊びリテーション)など、当ホームでは幅広い取り組みを⾏っています。⽇々の楽しみの中へ認知症予防が⾃然に根付いていくように、これからも取り組みを深めていきたいと考えています。

リハビリでいきいきとした毎⽇を

理学療法⼠(PT)による集団・個別の機能訓練(リハビリテーション)。認知症予防をも視野に⼊れた取り組みを⾏っているところに、ニチイホーム柿⽣の提供するリハビリの特⾊があります。

例えば、記憶⼒や注意⼒、思考⼒といった認知機能を刺激する要素を、機能訓練の中に取り⼊れています。

  • 《⼀例》
  • ・新聞を読む習慣のあるお客様には、どんなニュースが載っていたかをお尋ねする
  • ・昼⾷のメニューや⾷材を質問して、思い出していただく

何気ないことですが、持続的に⾏うことで⽇々の出来事への関⼼が⾼まるなどのポジティブな作⽤が期待できます。また、お楽しみの要素をプラスすることで、お客さまのリハビリへの興味をつなぎ、参加へのモチベーションを⾼く保っていただくことも意図しています。認知機能低下の⼤きな要因といわれているのが、⽇々の活動量の低下。活動的な暮らしを⻑く続けていくためには、機能訓練を継続し、⾝体機能の維持・向上を図ることが⼤切です。

  • ・グループで⾏う集団リハビリでは、お客様が相互に励ましあえるような雰囲気を⼤切にする
  • ・お客様の体調によっては無理に訓練を⾏わず、お庭での茶話会などに切り替える

など、肩肘張らず気楽にリハビリを続けていけるような環境づくりに気を配っています。

認知症の⾼齢者にとっても、リハビリは⼤きな意義があります。転ぶかもしれない、怪我をするかもしれない…とただ座っているのは味気ないものです。機能訓練によって歩く⼒・姿勢を保つ⼒を維持していければ、転倒などのリスクも軽減され、安⼼してより活動的な毎⽇を過ごしていただくことができます。
すべてのお客様にのびのびとした⾃分らしい暮らしを。ニチイホーム柿⽣のリハビリには、そんな願いも込められているのです。

四季と⾵を感じる、屋外での活動

お客様に潤いのある暮らしを提供するための活動として、ニチイホーム柿⽣が重視しているのが屋外でのアクティビティです。

ホームには、芝の緑が美しい中庭があります。季節ごとに花や⽊が様々な表情を⾒せる、⾃慢の庭園です。暖かな⽇にはお客様をお誘いして、爽やかな空の下でお茶会を開きます。庭には20メートルほどの遊歩道もあり、お客様がお散歩を楽しんだり、理学療法⼠(PT)と歩⾏訓練に励んだりしている光景がよく⾒られます。中庭は、ホームの暮らしに季節のいろどりを添えてくれる、とても優しい場所です。お客樣に安⼼してご利⽤いただけるように、庭や遊歩道の整備には常に気を配っています。

ガーデニングをはじめとする、⼟に親しむ活動にも⼒を⼊れています。ホームの裏⼿には⾃家菜園があり、お客様と⼀緒に収穫をしたり、取れた野菜をつまみに居酒屋気分を楽しんでいただいたこともありました。
明るい太陽の下で⼟と緑に親しむひとときは、⼼とからだを芯から解きほぐし、⽣きることの楽しさを実感させてくれます。そんな満ち⾜りた時間をより⾝近に感じていただけるよう、ニチイホーム柿⽣では今後もさらに屋外でのアクティビティを充実させていきます。

ホーム長から皆様へ

ホーム長:円道 秀児

ゆとりのある共用スペースと居室、敷地内には季節感が味わえる遊歩道が魅力のニチイホーム柿生。一度訪れると、その魅力を実感していただけます。元気に過ごしていただけるように、リハビリや介護予防によって活動性を高める取り組みも行っております。なによりも個人の自己決定を尊重し、自ら活動していただくことによって、充実した生活がおくれるよう支援したいと考えています。

施設概要

ニチイホーム柿⽣

  • リハビリ
  • 自然環境豊か
  • 認知症予防
所在地 神奈川県川崎市麻生区下麻生2-3-12
主要用途 介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)
川崎市指定介護保険特定施設(一般型特定施設)
介護保険事業所番号1475600555号(2004年12月1日)
建物構造 鉄筋コンクリート造 地上3階建
敷地面積 2,031.16m2
延床面積 2,765.48m2
総室数 75室(定員75名 全室個室)
居住の権利形態 利用権方式
利用料の支払い方式 一時金方式、月払い方式
入居資格 入居時自立・要支援・要介護
開設日 2004年11月13日
土地建物の権利形態 事業主体非所有(建物賃貸借契約 2004年より20年間、以降自動更新)
事業主体 株式会社ニチイケアパレス
居室面積 18.00~18.75m2
居室設備 介護用電動ベッド(寝具付)、ナースコール、車いす対応洗面台、暖房便座機能付トイレ、クローゼット、カウンターデスク、カーテン(レース・ドレープ)、エアコン
共用施設 エントランスホール、リビング&ダイニング(食堂)※1、介護予防フィットネススペース、応接室、健康管理室兼ヘルパーステーション、個人浴室、特別浴室、遊歩道、化粧室、ヘアーサロン(理美容室)、喫煙室、駐車場
※1 食事だけでなくイベント・レクリエーション・機能訓練等、日常生活上多目的に使用。
職員体制(満室時) 直接処遇職員の割合2.5:1以上(要介護者2.5人に対して介護・看護職員を1人以上配置)
介護職員数:常勤換算28.0人(週40時間換算)
看護職員数:常勤換算2.5人(週40時間換算)
夜間(18時~翌7時)勤務体制:最少介護職員数3人
理学療法士:常勤1人